伊勢参り

isemairi.jpg


制作年月日:2007年8月
サイズ:P6号(410mm×273mm)
材料:雲肌麻紙・顔料・膠・箔



 三重県の伊勢神宮にお参りする「お伊勢参り」というものがあります。江戸時代には爆発的に流行り、全国各地から多くの人がお参りをしたそうで、「一生に一度はお伊勢参り。」というのは当時の庶民の憧れだった様です。
なんとその時には人々に混ざってお参りをして帰ってきた犬もいた様で、主人から首に賽銭を巻いて送り出してもらうと伊勢神宮まで参拝をし、更に道中で通行人からお賽銭を結んで貰い、増やして帰ってきたそうです。

この「伊勢参り」では、道行く人に頂いたお賽銭を首に巻き、御札を持ってお伊勢参りから帰ってくる犬を描いています。力強い足取りで長い道のりの苦難にも負ける事無く、繁盛とご利益をもたらしてくれる事でしょう。