水彩画教室のご案内

はじめに

 主に透明水彩絵の具を使う講座です。「透明水彩って何?」「筆を持つのは小中学生以来..」という初心者の方から、団体展出展にチャレンジしている様な経験者まで、様々なレベルの方々で月に2回集まり、楽しく学んでいます。 どの様な雰囲気のものを描いてみたいか、まずはご相談下さい。オーソドックスな技法はもとより、更に踏み込んだものを描いていきたい方等にも対応致します。
画材は基本的には透明水彩絵の具を使いますが、不透明水彩絵の具やアクリル絵の具、その他の画材等にも自由に挑戦して頂いて結構です。
(デッサン力を高めたい、という事で、デッサンのみ、というのも良いでしょう)
講師が普段発表している作品には日本画画材を使用してはおりますが、水彩絵の具はもう20年以上に渡り使い続けており、現在も頻繁に使用する画材です。 教室見学等もご自由におこなえますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。   
エリスマン邸水彩.jpg

どんなものを描くのか

初心者の方には画材の基礎的な知識や初歩的な技法の練習等を積んで頂きます。
年賀状、暑中見舞、残暑見舞の様な、実際に生活の中で使える様なものを水彩絵の具で描いて頂く事もありますし、オーソドックスに果物や切り花等の静物をモチーフにしたり、横浜ならではの風景を描きに飛び出したり、モデルさんを呼んでクロッキーや着彩をおこなう事もあります。ひとつのジャンルのモチーフに特化したお教室もあると思いますが、当教室は様々なものを広く描いて頂きながら、まずはその方々の性に合ったモチーフを探して頂くきっかけになればと思っています。

いか1.jpg

講座内容

●開講日:第1・3金曜日  (※基本的には第1・3金曜日ですが、稀に変更[もしくは中止]になる可能性もありますが、その際は事前に連絡を致します。)
●開講時間:13:00〜15:00
●場所:横浜市技能文化会館(横浜市中区万代町2丁目4番地7)602教室
●受講料:(受講者数によって変動しておりますので、お問い合わせ下さい)
●講師:塩崎 顕(しおざきけん)

■開講日:第1・3金曜日  (※基本的には第1・3金曜日ですが、稀に変更[もしくは中止]になる可能性もありますが、その際は事前に連絡を致します。)
■開講時間:15:30〜17:30
■場所;中村地区センター(横浜市南区中村町4-270)
■受講料:(受講者数によって変動しておりますので、お問い合わせ下さい)
■講師:塩崎 顕(しおざきけん)

※定員に達し次第募集は閉め切らせて頂きます。メールソフト等にてart@atelier-aun.comの方にお問い合わせ下さい。1週間以内に必ずお返事をお返し致します。